2009/8/21

神戸の文化財を訪ねて!昼と夜のライトアップ第4回生田神社・生田の森とJazz Ciry Kobeの夜  文化財研修記

8月3・4・5日は生田神社の夏祭りでした。新殿の完成は平成21年9月の予定で着々と進められいます。阪神大震災ではこの神社の本殿はぺチャンコに潰れ、この横で毎日多くの歌手が交代してボランテアで歌を歌って住民達を励ましてくれたも覚えています。幸い生田会館は潰れず「海外への新婚旅行の相談会」に出たことも覚えています。生田神社へ行く途中の東急ハンズあたりから滅茶苦茶でした。神社へ歩いていく道が怖かったのも覚えています。素晴らしい「生田の森」は今も健在です。では順次見て下さい。そして、僕の好きなJAZZ CITY KOBEの良心的な店を見てもらいましょう!
 そして次回はご希望の「異人館めぐり}です。

1.仮本殿を拝礼する人々
クリックすると元のサイズで表示します

2.仮受付所と巫女さんたち
クリックすると元のサイズで表示します

3.仮本殿・仮受付所に向かって左側へ、行くと「史跡・生田の森」の欝蒼とした昼尚暗い森へと続きます。「日本書紀」によると神功皇后が朝鮮半島から帰還とき、兵庫(むこ)の沖で舟が動か無くなり、神占いで、椎日女尊(わかひるめのみこと)を活田長狭(いくたながお)の地に祀ったという記事がある。「枕の草子」(能因本)にも「森はーーー生田の森ーー」のきじがある。では順次見てみましょう!暗くって怖かった!そして、JAZZ CITY
その一。
クリックすると元のサイズで表示します

その二。
クリックすると元のサイズで表示します

その三。
クリックすると元のサイズで表示します

その四。木々は巨大でフラッシュがとどかない!
クリックすると元のサイズで表示します

4.生田神社から更左に山手へ徒歩で上がっていくと夜のスポット「北野坂」に至る。
JAZZ CITY KOBEの名の如く、JAZZレストラン・BARが20件も集中して居る。その中でお得な素晴らしいJAZZ レストランBARを1件紹介してみよう!カバーチャージがたったの900円でワンドリンク550円のソネだ!
クリックすると元のサイズで表示します

その二。出演者
クリックすると元のサイズで表示します

その三。素晴らしいJAZZ!彼女の英語の歌も良かったがNO FLASHもっと美人だったよ!
クリックすると元のサイズで表示します

5.次は北野坂の下の横の通り、中山手通1−13−7のうまい酒とカクテルを飲ませ
黒人のボーカルが聞ける店「GARGAGE PRADISE」だ、ジンだけでも5種類も置いている。ゴードン、ビーフイーター、タンカレーこの3種類置いた店ならまあまあだが!なんとボンベイサフイア、プリマンおある。僕は数十年ぶりにボンベイサファイアとカナデアントニックウオーターと生のスライスのタイムの入ったジントニックを一杯とロシアのスミリノフウオッカのウオッカライム2拝飲んだ締めて3,300円ですっかり酩酊。黒人のボーカルもよかったよ!
クリックすると元のサイズで表示します

その二。地下の豪華なロビーバーです!残念!初めてのぼくには黒人のボーカルLARRYはは写真撮らせてくれ無かったが、友達になったので次回僕の彼女と一緒に写真に入るとね!
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ