2009/7/5

本町2丁目扇屋懐古亭あとに手作りせんべいで有名な「半月庵(丹の国店)」が開店!!!  あやべの街

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」本町2丁目19番地(扇屋懐古亭あと)に「おせんべいで有名な半月庵・丹の国店(にのくにてん)」が7月4日(土)午前9時に開店しました。別紙「開店案内チラシ表・裏」のように開店オープン記念プレゼント(三色ふるまるせんべいのボトル入り)、開店記念券プレゼント(開店記念商品券)、お楽しみ袋(1、100円の品を800円で)お楽しみ箱(各種のせんべい詰め合わせ2,000円が1,300円で)、開店記念ご招待券で(われせん各種200円相当、かりんとうのわれ200円相当)の品を引きかえ等の各種プレゼントでお店は大混雑!!特に女性のお客様に大好評でした。この元「懐古亭」は綾部(丹の国)を愛する人たちがバックアップした所でもあり、廃業で大変心配したのですが、このように日本独特の「おせんべい・どらやき」のお店として再生したことは、綾部市民にとっても大変嬉しいことです。その素晴らしい開店当日のにぎわいを見ていただきましょう!!このような日本独特の食文化はまさに「食の文化」ともいえるでしょう!!!で取材し、取り上げることにしました。「半月庵」電話:0773−43−3323FAX:−3324開店午前9時〜午後6時、おせんべいの手焼きコーナーもあり6日以降予約で用意してもらえます。料金はおせんべい5枚で300円です。開店オープンは大成功ですが今後の継続支援が大切ですよ!!

1.新装開店の「半月庵(丹の国店にのくにてん)」注:駐車場は限りがあります。
クリックすると元のサイズで表示します

2.無料試食コーナー(焼きたてたっぷりの試食、たくさんのおせんべいと香ばしい丹波の黒豆茶とコーヒーが楽しめます。)
クリックすると元のサイズで表示します

3.手作りせんべい実演中(皆様もせんべい作りに挑戦しましょう!5枚300円事前予約必要6日以降)電話:0773−43−3323
クリックすると元のサイズで表示します

4.米粉から生まれた「半月どら焼き」米粉でつくった生地に丹波産の玉露をねりこんで焼き上げたもので、玉露のほろ苦さと、まったりとした丹波産黒豆入白あんとの相性が絶妙の由。一個100円。
クリックすると元のサイズで表示します

5.どら焼き製造中の厨房
クリックすると元のサイズで表示します

6.もと扇屋懐古亭の茶室・無料或いは一人50円位で利用できたらなあ!!!
クリックすると元のサイズで表示します

7.お引き立て、すえ永く お願いいたします (有安)庵主敬白
クリックすると元のサイズで表示します

8.開店案内チラシ
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ