2009/6/30

高倉宮以仁王を祀る延喜式内社・高倉神社の夏越の大祓式  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いあるがぐん)」吉美地区(きみ)の高倉町には高倉宮以仁王(もちひとおう)と近臣大槻光頼、渡辺俊久等の十二士を祀る延喜式内社の高倉神社がある。毎年6月30日には「夏越(なごし)の大祓式」があり取材した。治承年間平清盛の横暴極まり、後白河法皇を幽閉し以って孝心深き第二皇子の高倉宮以仁王(もちひとおう)は源三位頼政に令旨を下し賜いて、決起したが、逸道の激戦に官軍利あらず、頼政は宇治の平等院にて自刃した。しかし、宮は南都へ御落延の途中光明寺下で流矢で薨去と偽り、首記家来の十二士とともに頼政の領地丹波路へ危難を避けたが、宮は不幸にして当地御着馬の頃から御矢傷次第に重く、治承四年(1180)六月九日吉美郷里村にて矢傷のため薨去された。翌養和元年(1181)九月九日神霊を奥谷の森今の高倉村(現在地)に奉遷し、高倉天一大明神と勧請した。降って天文年間には大火災で御神像以外は悉く鳥有にきしたが、延享三年(1746)に再建した。明治四十三年八月には本殿を拝殿に移築し、新たに本殿を再建した。この拝殿は平成14年に京都府指定文化財となった。

1.延喜式内社・高倉神社と文政十二年(1829)の銘を持つ一対の燈篭(左手前の燈篭)
クリックすると元のサイズで表示します

2.京都府指定文化財の拝殿と本殿(指定ではないが美しい)
クリックすると元のサイズで表示します

3.神社総代さま達による「茅輪(ちのわ)」作り 6月30日午前10時から
クリックすると元のサイズで表示します

4.夏越の大祓式始まる(四方幸則宮司様から茅輪をくぐられる。午後4時から
クリックすると元のサイズで表示します

5.ご来賓から順次「茅輪」をくぐる。
クリックすると元のサイズで表示します

6.ご来賓から順次拝殿で参拝
クリックすると元のサイズで表示します

7.京都府指定文化財の拝殿内で神事「大祓式」(一般の方も拝殿前でお祓いがある。)
クリックすると元のサイズで表示します

8.明治末から大正初めに作られた「高倉神社のポストカード」高倉神社提供
クリックすると元のサイズで表示します

9.明治9年に描かれた高倉神社(京都府立総合資料館延喜式内並国史見在神社考証より)
クリックすると元のサイズで表示します

10.茅輪(ちのわ)の作り方
クリックすると元のサイズで表示します

高倉神社や綾部市指定民俗文化財「ヒヤソ踊」は下記をクリックして見て下さい。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/takakura/hiyaso.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ