2009/2/24

綾部西国観音霊場22番札所の江戸時代の丹波三大画伯の一人黙知軒の襖絵  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」西方町には綾部西国観音霊場第22番札所である高野山真言宗の宝満寺がある。この古刹では二つの事で特に有名であります。一つは京都の清水寺の名誉管長である松本大円師はこの寺の出身であること。二つ目は江戸時代の丹波三大画伯、長谷川素后(はせがわそごう、山家藩お抱え絵師で墓は浄光寺にある)、安藤貫山(かんざん)は素后の弟子で有名なものでは大原神社へ寄贈した覆大絵馬があり現在郡是記念館に保存されている。そして黙知軒(もくちけん)光研上人です。黙知軒は現京都府福知山市大江町中町の平岡弥平治の次男として寛政四年(1804)に生まれ、この宝満寺中興第十六世律厳上人(1741〜1820)の弟子になり、はやくより京都に上り,永観堂玉翁について墨絵を習い、丹波に帰ってからは綾部の高津八幡宮の究竟院(くきょういん)に寄宿し、綾部藩主九鬼隆備の墨絵の指南をした。国文学、書道にも堪能で万葉調の和歌を残しています。その後、現京丹後市大宮町の岩屋寺の住職となり、大江町仏性寺の鬼ヶ茶屋の枡屋守右衛門の依頼により誠にリアルな極彩色の「大江山鬼退治絵巻二巻」と「大江山千丈ケ嶽酒呑童子由来」を残しています。その後、綾部市別所町の願成寺の住職となり明治二年(1870)に亡くなっています。黙知軒の石碑はこの宝満寺と願成寺の2ヶ所にあります。

1.黙知軒四季図(宝満寺の襖絵)春
クリックすると元のサイズで表示します

2.黙知軒四季図(宝満寺の襖絵)秋
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上の襖絵の黙知軒の左の讃と落款(73歳の時のもの)
クリックすると元のサイズで表示します

4.黙知軒四季図(宝満寺の襖絵)冬
クリックすると元のサイズで表示します

5.黙知軒(万葉調の襖)和歌その1.
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 その2.
クリックすると元のサイズで表示します

7.物部町の赤井誠夫氏所蔵(お祖母ちゃんが嫁入りの時持参)の黙知軒の掛軸
クリックすると元のサイズで表示します

高野山真言宗の古刹宝満寺の詳細は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/148.html
http://www.nbcayabe.com/toge/itiwara.htm





コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ