2009/1/4

但馬国の文化財を訪ねてその3.城崎郡竹野町の諏訪神社  文化財研修記

但馬国(現在の兵庫県の北部)城崎郡竹野町(現在は合併し豊岡市に編入されています)には諏訪神社がある。此れは長野県の諏訪湖の両岸にある諏訪大社より祭神の勧請を受けた神社である。諏訪大社の祭神は諏訪大明神とも言われる建御名方神とその妃である八坂刀売神であり、他の諏訪神社もこの二神を主祭神とし、又諏訪大神を総称する場合もある。諏訪大社では中世に狩猟神事を行なっていた所から、狩猟、漁業を守護する神社としても崇拝されている。諏訪大社では六年に一度、御柱と呼ばれる4本の杭を立てる御柱祭が行なわれるが、全国にある2,500以上の諏訪神社でも同様の祭りが行なわれます。綾部市の諏訪神社の秋祭りはヤッコさん行列や大屋台の行列もあり、大変面白いので最後の所をクリックして見て下さい。

1.竹野町の諏訪神社第一の鳥居と参道
クリックすると元のサイズで表示します

2.第二の鳥居と楼門
クリックすると元のサイズで表示します

3.楼門
クリックすると元のサイズで表示します

4.本殿
クリックすると元のサイズで表示します

5.竹野町の弁天浜その1.
クリックすると元のサイズで表示します

6.その2.
クリックすると元のサイズで表示します

7.京都府綾部市の諏訪神社の秋祭りはヤッコさん・大屋台行列で面白い。下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/184.html
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/345.html
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/511.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ