2008/10/20

京都府・綾部市指定文化財の木造り隋身(ずいしん)坐像2体を持つ室尾谷神社の秋祭りその1.  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」中上林地区の五津合町寺内109には「室尾谷神社(むろおだにじんじゃ)がる。まずこの神社はうっそうとした森の中にあり、創立年代は明らかでないが、社伝では、元は阿須岐の地に祀られ大町村と畑川村の氏神であったと云われているが、貞応元年(1222)頃、室尾谷神社と呼ばれるようになった。この神社は三つの大きな特徴を持っており、第1の鳥居と第4の鳥居は巨大な木造の鳥居で安芸の宮島の海に浮かぶ鳥居と同じ形式の「両部(りょうぶ)鳥居、或いは権現鳥居とも呼ばれている。」である。第二には木造隋身坐像が2体あり、室町時代の応永32年(1425)の作者は林皎圓宗である事が明確であり、阿形は38.6センチメートルで綾部市指定文化財である事、又、吽形は38.5センチメートルで京都府指定文化財である。このことは室町時代の墨書で明確である。第三は「綾部の古木・名木100選」の「杉・樫の群生林」があることです。10月19日(日)秋の大祭を取材して来たので此処に掲載します。先ずは、振れ太鼓の参拝、出発から御輿の一行が第一の大鳥居へ到着を出迎えに行く久保健治宮司一行、そして一同、神社へ練り込むところ迄を掲載し、到着後の所行事は次回となります。

1.宮大橋から清流の上林川(かんばやしがわ)を越えて第一大鳥居を見る。
クリックすると元のサイズで表示します

2.午前7時10分頃「泉州(今の堺市)日根郡信蓮庄市場村 石工 西田宇八、同苗惣助」の銘が入った巨大な自然石を使った手水鉢で清めて参拝する関係役員。
クリックすると元のサイズで表示します

3.各町へ祭りを知らせ、各町で太鼓を打つ「振太鼓」上林(かんばやし)太鼓グループの記念写真
クリックすると元のサイズで表示します

4.同グループは参拝後、午前7時30分に出発した。
クリックすると元のサイズで表示します

5.御輿に魂を入れる「入魂式」を始められた久保健治宮司様
クリックすると元のサイズで表示します

6.魂が入った「御輿」と宮司,宮総代様達、御輿や行列参加者は9時に出発した。
クリックすると元のサイズで表示します

7.午前11時20分御輿や行列を迎えに、久保宮司、宮総代、餅撒き役の子供、大鉾2つや,若い巫女5人等の出迎え行列は第一の大鳥居へ向かう。
クリックすると元のサイズで表示します

8.第一の大鳥居で御輿行列を待つ一行
クリックすると元のサイズで表示します

9.御輿を先頭に行列が第一の大鳥居を通り、練り込む。午前11時30分
クリックすると元のサイズで表示します

10.宮司様、宮総代達は神社へ到着
クリックすると元のサイズで表示します

12.大鉾も到着
クリックすると元のサイズで表示します

京都府・綾部市指定文化財の木造り隋身座像や天明八年の銘ある常夜燈は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/484.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ