2008/10/12

秘境の大発見 堂奧谷の滝  綾部の滝

1994年(平成6年)7月5日 京都新聞
秘境の大発見 昼も暗いトチの林をぬって流れる無名の滝
綾部 5段、全長100m 地理院届け出も
クリックすると元のサイズで表示します
京都府北桑田郡美山町に近い綾部市睦寄町古屋地区の秘境に大きな滝の流れていることが四日、綾部市森林組合(福井治夫組合長)の現地踏査で分かった。地元の古老も存在を知らなかった未確認の冷線で、同組合は国土地理院に届け出を検討する一方、歩道整備を市に要請、新名所としたい意向だ。
 滝は綾部市街地から28km離れた古屋地区をさらに約1km奥に入った地図上の府道:綾部−美山線の洞峠ふもとの堂奧谷にある。幅20cm程度のけもの道から残り約300mは道が消えている。5段滝になっており、落差十数メートルの滝をはじめ谷川部分を含め、流れ落ちる全長は百メートルはあろうかと思われる。周囲に野生のアジサイが咲き乱れ、トチの巨木が茂る谷間にしぶきを上げて流れる。
 林業一筋に生きる地元古屋地区の坂田清一さん(75)も「滝があるのは初耳。近くの山林までは仕事に行ったが、まったく気がつかなかった」という。発見のきっかけとなったのは、近くの古屋地区所有林百ヘクタールが森林開発公団との分収林として伐採。一昨年植林を完了した際、立ち会った市森林組合職員が滝の流れと思われる水音を聞いたことから、四方悦郎同組合業務課長ら3人が存在を確認するため、この日現地調査した。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ