2008/10/3

綾部の古木名木100選  古木名木

「洞峠の風にふれる交流会」関連で見に行かなかった「巨木:オオトチ」を綾部図書館で調べた。素晴らしい本である。なお交流会でもらった資料「秘境に発見された全長100mにも及ぶ5段滝」も素晴らしい。ふるさと綾部の秘宝・文化財である。
クリックすると元のサイズで表示します
綾部の古木名木100選 〜緑と文化の遺産〜 綾部自然の会 平成9年6月1日発刊
クリックすると元のサイズで表示します
86 古屋奥爺谷のトチノキ 所在 綾部市睦寄町古屋奥爺谷・北谷
 草壁川の源流と思われる北谷と爺谷との分岐点あたりには幹周3mを越えるト千ノキが5本程ある。付近の谷のものを併せると20本以上にはなるという。その中で最も太いものは地上1m位のところから大きく二叉に分かれており、その1本の幹周は3.7mもある。
  No .幹周  樹高 推定樹齢
  1  7.40m 46m 550年
  2  6.86m 43m 500年
 トチノキは谷筋に大きく育ち、爺谷の中・下部では僅か類本で谷を占有しているかに見える。近年高齢過疎化の中で、充分手入れができず、これ等の有用植物が放置された形になってことが惜しまれる。
クリックすると元のサイズで表示します
87 古屋奥、白石原のトチノキ 所在 ●綾部市睦寄町古屋奥 白石原
 古屋の爺谷へ入る手前から右の谷へ入ると山は薄暗く足下の岩は苔むしていて、深山幽谷の趣がある。ここが白石原という谷で、50m程入ったところに幹周4.71mのトチノキがある。地上2m位のところから大きく2本に枝分かれしている。すぐそばには2m位の滝がある。この木を更に50m入ったところに幹周5.21mのトチノキが谷川の崖際に立っている。幹の半分位は苔に覆われているが、1本立ちで伸び、地上3m位のところから大い枝を出している。2本共、樹勢はよく逞しい生命力を持っている。
No. 幹周 樹高 推定樹齢
1 5.21m 30m 約450年
2 4.71m 30m 約400年



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ