2008/7/31

お茶を楽しみながら古美術を楽しむ「燦々堂」  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(もと、いかるがぐん)本町4丁目(ITビル前)には「燦々堂」がある。 平成十七年四月「綾部の文化財を守る会」の中で宮本太資副会長、森田弘理事を中心に「丹波古美術研究会」が発足した。そして、平成十九年度京都府1/3、京都市長村振興協会から1/3の補助金をもらい「あやべ蒐集財振興会“彩工房”燦々堂」(代表宮本太資会長)が平成二十年一月十九日(土)綾部市長代理・松本哲朗副市長、京都府中丹広域振興局長代理・永井秀明農林商工部長、綾部商工会議所・由良龍文会長、綾部市議会議長・川北敦氏、綾部市文化協会々長・田所卓氏、綾部の文化財を守る会々長・村上高一氏等二十五名のご来賓を迎えてテープカットでオープンし、初釜と点心の接待が行なわれた。特に初釜は二十五名ずつ、五回に渡り計百二十五名をも接待があった宮本会長の話では「この度、文化と癒し館“燦々堂(さんさんどう)は築約八十年の金物店(宮本三光堂)の建物を改装し、和室とギャラリーを兼ね備えたスペースとしてオープンしました。丹波地方の文化的なものを残すことと理解を深めることに加えて、お茶や囲碁会、音楽界などの高齢者交流の場として、叉、歴史文化財の展示による憩い場、生涯学習の場として、皆様のご支援で多目的にご利用頂ければと思っておりますので、宜しくお願いします。」とのが挨拶もありました。現在の展示物は「与謝蕪村の屏風」がメインで、骨董品の即売や喫茶、軽食も格安で提供されていますので是非一度ご来店下さい。入場料は無料、但しギャラリーの展示利用は一日二千円のみ、和室(茶室)一時間千円のみです。駐車場は隣の駐車場とアイタウンの駐車場が利用できます。
 基本営業時間は朝九時〜午後六時まで
(相談により夜十時まで利用できます。)
(火曜日は休み)
話:0773−42−0330  綾部市本町4丁目23
(市外の方のご利用も歓迎します。)

綾部市本町4丁目(ITビル前)の「燦々堂」
クリックすると元のサイズで表示します

店内内部・奥の和室で抹茶、囲碁、将棋が楽しめます。
クリックすると元のサイズで表示します

店内内部2.
クリックすると元のサイズで表示します

店内の展示室(喫茶しながら楽しめる)「与謝蕪村の屏風」
クリックすると元のサイズで表示します

骨董品の即売(安いね!!!!)
クリックすると元のサイズで表示します

喫茶・軽食も格安です。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ