2008/6/30

カヌー練習(由良川下り取材下見1)  綾部の文化財

綾部の文化財を守る会の「祭り・行事の歳時記」の7月20日(日)9:00〜 由良川下り 山家大橋下〜新綾部大橋下までを補充取材するため、ゴール地点の下見に行った。綾高のカヌー部の生徒の練習風景に出会った。
クリックすると元のサイズで表示します
綾部味方井関と用水取り入れ口水門
この井関があるので、並松町一帯は新綾部大橋までの流域が広く緩流となっている。
クリックすると元のサイズで表示します
国登録有形文化財の綾部大橋」と広がる由良川上流を展望。一帯が風光明媚な景勝地である。橋の下を周回するカヌーが見える。
クリックすると元のサイズで表示します
この由良川の清流で「カヌー」の練習をしているのは、京都府立綾部高等学校カヌー部の生徒たち。天気の良い午後の部活風景は、由良川河畔を散策する人に素晴らしい風情を覚えさせる。
大地の母なる大河:由良川の自然に愛でられてカヌーが行く
クリックすると元のサイズで表示します
川面には十数隻のカヌーが浮かぶ。川岸からコーチがタイムを計測し、メガホンで告げている。
クリックすると元のサイズで表示します
練習を終えて自分のカヌーを担いで川岸の石段を上がる部員。道路脇の倉庫にカヌーの艇庫が設けられている。
クリックすると元のサイズで表示します
斜めに架かったワイヤーの綺麗な斜張橋、昭和63年(1988)9月竣工の新綾部大橋味方井関上流の広い緩流水面はここまで。この由良川上流は和木山家方面で、「丹波ライン」と呼ばれる急な水流となる。カヌーが6漕、橋の手前で回頭中なのが見える。写真をクリック拡大してご覧ください



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ