2008/5/2

5月2日(金)より恒例の第25回綾部市美術展が始った(5月6日まで)  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」並松町の綾部市民センターにて5月2日(金)午前10時から5月6日(火)まで夕方5時まで「第25回綾部市美術展」が開催された。作品の総出展数は290点にもなり、綾部市民の出展は約6割で、4割は福知山市、舞鶴市、遠方からでは宇治市の方も「特選」で入賞されていた。書が72点、洋画33点、日本画36点で一番多かったのが写真で146点、立体造形工芸は3点であった。各部門の4点「支展賞」は掲載と立体造形の東大寺の四天王(増長天)は掲載しますが、ガラスケースの場合は斜め撮りで醜い所はご勘弁願います。勿論無料です。

第25回綾部市美術展始る。
クリックすると元のサイズで表示します

市展賞・洋画・三國滋子さん(舞鶴市)「干網」
クリックすると元のサイズで表示します

市展賞・書・四方美澤さん(綾部市)「凌歒臺」
クリックすると元のサイズで表示します
文章:宋祖凌歒楽未回・三千歌舞宿層臺・行潭雲畫暮山出・巴蜀雪消春水来
行殿有基荒薺合・寝園無主野棠開・百年便作萬年計・巌畔古碑空緑苔

市展賞・日本画・上柿明美さん(綾部市)「あの頃」
クリックすると元のサイズで表示します

市展賞・写真・荻野健次郎さん(福知山市)「おねがり(青鷺の親子)
クリックすると元のサイズで表示します

特別出展:立体造形・東大寺四天王(増長天)四方和之さん(綾部市)
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ