2008/3/2

全国4万社以上ある稲荷社の総社「伏見稲荷大社」の分霊を祀る綾部八幡宮・摂社采女神社の初午大祭  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん」宮代町明知9番地には綾部八幡宮があり例年3月の第一日曜日には摂社「采女神社(うねめじんじゃ)祭神は豊受姫命:五穀豊穣の神」の初午大祭がある。この采女神社は全国4万社以上もある稲荷社の総社京都の「伏見稲荷大社」から勧請された社であり、伏見稲荷大社の初午は2月3日だが、この綾部の采女神社は昔から習わしにより1ヶ月遅れの3月に催行されてきた。今年は3月2日(日)午前9時から始まり午前10時から種々の神事が始り、多くの参拝者で午後4時まで賑った。

参拝者に清めの水を供される奈島正倫宮司様(正面は綾部八幡宮、右手に摂社「采女神社がある。)
クリックすると元のサイズで表示します

拝殿横の遥拝所にて「神事」がはじまる。御祓い1.
クリックすると元のサイズで表示します

同 上。御祓い2.
クリックすると元のサイズで表示します

摂社・采女神社(うねめじんじゃ)献撰の儀(お供え物をする儀式)
クリックすると元のサイズで表示します

祝詞奉上
クリックすると元のサイズで表示します

玉串奉奠
クリックすると元のサイズで表示します

大賑わいの「何かが当たる福引場」
クリックすると元のサイズで表示します

大賑わいの「無料ぜんざい(お汁粉)接待所」四角な大きな餅2個入りで美味だった。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部八幡宮のホームページは下記をクリック願います。
http://www5.nkansai.ne.jp/org/ayabehatiman/



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ