2008/1/19

1月19日(土)綾部の文化財等の期待を担って「燦々堂」がオープン  綾部の文化財

平成17年4月綾部の文化財を守る会の中で、宮本太資副会長を中心に「丹波古美術研究会」が発足しました。そして平成19年度京都府1/3,京都府市町村振興協会から1/3の補助金をもらい、「あやべ蒐集財振興会”彩工房”燦々堂」が1月19日(土)にオープンしました。あやべ蒐集財振興会”彩工房(いろどりこうぼう)代表:宮本太資会長の挨拶は次の通りです。「この度、文化と癒しの館”燦々堂(さんさんどう)”は築約80年の金物点「宮本三光堂」の建物を改装し、和室とギャラリーを兼ね備えたスペースとしてオープンしました。丹波地方の文化的なものを残すことと理解を深めることに加えて、お茶や囲碁会、音楽界など高齢者交流の場として叉、歴史文化財の展示による憩いの場、生涯学習の場として、皆様のご支援で多目的にご利用いただければと思っておりますので、宜しくお願い申しあげます。」尚、午前9時から来賓綾部市長代理の松本哲朗副市長、綾部市議会議長河北敦氏、京都府中丹広域振興局々長代理・農林商工部長永井秀明氏、綾部商工会議所会頭由良龍文氏、綾部文化協会会長田所卓氏、綾部の文化財を守る会々長村上高一氏等25名のご来賓を迎えてテープカットと初釜、点心の接待も行なわれた。特に初釜は25名ずつ5回計125名の接待がありました。春さきまでの井展示物は「元禄時代の屏風・洛中洛外図」と丹波焼きの壷を中心に150点以上展示されています。入場料は無料、但し、ギャラリーの展示利用は一日2,000円のみ、叉和室(茶室)12畳はお茶・お花・囲碁大会等で利用でき1持間1,000円のみです。隣の駐車場とアイタウンの駐車場が利用できます。基本営業時間は朝9時から午後6時まで(火曜日は休館)電話:0773−42−0330郵便番号623−0021京都府綾部市本町4丁目23です。

燦々堂正面
クリックすると元のサイズで表示します

開会式を待つ発起人達
クリックすると元のサイズで表示します

開会式で挨拶する「あやべ蒐集財振興会”彩工房”燦々堂会長券綾部の文化財を守る会副会長宮本太資氏
クリックすると元のサイズで表示します

挨拶される市長代理の松本哲朗副市長
クリックすると元のサイズで表示します

挨拶される由良龍文綾部商工会議所会頭
クリックすると元のサイズで表示します

無事テープカットの四名
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を守る会の村上高一会長に展示品を説明される森田弘理事
クリックすると元のサイズで表示します

お抹茶の接待
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ