2008/1/15

1月18日の厄神祭を迎える綾部有数の広瀬八幡宮  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」広瀬町には何鹿郡12式内社の一つ伊也神社と広瀬八幡宮(祭神:応神天皇)が、山家藩陣屋跡近くにある。広瀬八幡宮は寛文五年(1665)二月に山家藩主十三代従五位下出羽守・谷衛廣の再建勧進によるものと記録にあり、江戸時代の武家全てこの八幡宮の氏子として114戸にして地元の住民は八幡宮を氏神として崇拝した。叉、何鹿郡内では有数の厄除け神社として毎年1月18日「厄除祭」が午前8時から午後3時まで催行される。数え年で今年の厄年人達や大厄(男性25歳、42歳、61歳、女性は19、33、61歳)の参拝と祈祷が多い。

広瀬八幡宮正面の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

八幡宮の正面1.
クリックすると元のサイズで表示します

八幡宮正面2.
クリックすると元のサイズで表示します

見事な拝殿から本殿へ
クリックすると元のサイズで表示します

境内社1.天満宮
クリックすると元のサイズで表示します

境内社2.諏訪神社
クリックすると元のサイズで表示します

広瀬町の式内社「伊也神社」は下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/yamagajo/iya.html
直ぐ近くの山家藩城址は次をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/yamagajo/yamagajo.htm
川を越えたところの鷹栖町には「国指定名勝庭園なおある照福寺」は下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/syofukuji/syofukuji2.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ