2007/8/16

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO.10(最終回)  文化財研修記

8月4日(土)ウランバートルの市内見学後、ノミンデパートへショッピングに出かけました。日本のデパートと同じように、1階は世界中の化粧品、特に資生堂が目につきました。スーパーマーケットではチョコレートは売り切れ、5回の民芸品売り場で孫5人に冬室内で履くフエルトスリッパ5足と小生用に1足購入する。勿論その前に、少々値が張ったが名産のカシミアセーター嫁3人と家内に購入。その間、チョコレートは他の場所へ購入に案内してもらっていた。同じ5階のNomin Entertaiment Center(ノミン演芸場)で午後6時から7時15分まで「モンゴルの民族芸能」を観賞、最初にオルテイン・ドー(追分の調子の歌で、日本の追分などはこのモンゴルから入ったのではないかと言われている。日本の天皇陛下の天皇宣下の儀式などは昔の満州の「金」の時代に大変良く似ていると言われている。)又、ひとり二役のホーミー(個人が歌う歌、是には日本の歌も、ロシアの歌も取り込まれていると言われているように、日本の歌のメロデーが確かに入っていた。)最後の仮面の神さまの踊はカラコルムでの最高神二人を含んだ踊であった。終了後、出演者の見送りがあったので撮影した。その後、最後の夕食は日本料理店「石庭」で内容は写真の通り、日本のビールで無事全員ここまで来たので「乾杯」する。最後の写真は早朝で暗いが「ジンギスカーン国際空港」です。8月5日(日)空港を朝6時出発所要、偏西風にのり、3時間30分で関西空港に到着。

ノミンデパ−ト(旧国営デパート)
クリックすると元のサイズで表示します

5階の劇場前で待ってくれているガイドの「あずさん」
クリックすると元のサイズで表示します

演劇終了後、見送りの出演者達
クリックすると元のサイズで表示します

日本料理店「石庭」
クリックすると元のサイズで表示します

室内に貼ってあった日本相撲の番付表
クリックすると元のサイズで表示します

出された日本食、食べかけたが、あわてて記念撮影、こんなもんだな!!!
クリックすると元のサイズで表示します

8月5日(日)早朝のジンギスカーン国際空港。さよなら(バイタルエ)モンゴル
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ