2007/7/16

兵庫県豊岡市但東町の国重文「日出神社」と縣「環境保全区指定の大生部兵主神社」  文化財研修記

兵庫県豊岡市但東町「たんとうちょう(城下町の出石町いずしちょうの東にある)」には国の重要文化財の「日出神社(ひでじんじゃ)」がある。この神社は式内社であり、室町時代の建築物である。但馬神話では出石を中心とする但馬地方を開いた天日槍(あめのひぼこ)四世の多遅摩比多詞(たじまひだか)を祀っている。本殿は三間社流造りで内部の蟇股(かえるまた)は日出神社独特のものである。神社の創立は明らかでないが建築技法から室町末期の16世紀のものと考えられ、その後宝永元年(1704)、享保11年(1726),明治21年(1888)に修理された事が棟札で知られている。兵庫県指定環境保全地域にある大生部兵主神社(おおいくべひょうずじんじゃ)は同じく但東町にある古式豊かな神社であり舞殿と手水社や拝殿・本殿の彫刻も素晴らしく、縣指定重要文化財であってもおかしくないが、「シイの生育する樹林としては、県下で最も寒冷地であると推定され貴重な存在である。」と記されていた。

日出神社(国重要文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

日出神社本殿
クリックすると元のサイズで表示します

日出神社の舞堂
クリックすると元のサイズで表示します

大生部兵主神社(おおいくべひょうずじんじゃ)左側の建物が舞殿で拝殿・本殿は右側
クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい彫刻の手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

拝殿と本殿
クリックすると元のサイズで表示します

本殿の素晴らしい彫刻の象鼻等
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ