2021/4/17

宮津市獅子埼の獅子崎稲荷神社の見事なミツバツツジを見に行って来ました!  綾部の文化財

令和2年4月12日(月)に日帰りで宮津市の栗田半島(くんだはんとう)の見事な天橋立の海岸美が見れる宮津市獅子埼にある獅子崎稲荷神社(シイザキイナリジンジャ)の満開のミツバツツジと稲荷神社を見て来ました。途中、丹後由良海岸から奈具(なぐ)の見事な眺望を見て、栗田半島を横切り由良海岸から自家用車で約20分で到着です。カーナビに「宮津市獅子崎」を入力すると簡単に行けます。朱の鳥居が印象的で4月には、約1000本のみつばつつじが山肌をピンクに染めあげる。山上にある展望台から見る天橋立の眺めは、雪舟の描いた『天橋立図』と似ていることから、「雪舟観(せっしゅうかん)」と呼ばれている。詳細は獅子崎稲荷神社(ししざきいなりじんじゃ)0772−228030(天橋立駅観光協会)
稲荷神社の脇を抜けてさらに上に登って行くと「天橋立雪舟観展望所」に着きます。
雪舟が室町時代に描いた国宝「天橋立図」と構図がよく似ているので、実際にこの辺りから見た絵を描いたのではないかとされる場所です。
稲荷神社とは、稲荷神社の総本宮・伏見稲荷大社をはじめ、稲荷大神または稲荷神を主祭神としてお祀りしている神社です。 諸説ありますが一般的には「稲成り」や「稲を荷なう」などの意味が由来しているといわれており、稲荷神は稲を象徴する穀霊神、農業と深く関係する農耕神、宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)とされています。

1.奈具の海岸
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札(各画像はクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

3.獅子崎稲荷神社に到着です!
クリックすると元のサイズで表示します

4.大きな案内板が有りますが、駐車場には車2台位しか置けません。付近の道路に左寄せで駐車します!
クリックすると元のサイズで表示します

5.稲荷神社への参拝口ですが、急な石段ですので、横の参道を登って行くと良いでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

6.石段参道です!
クリックすると元のサイズで表示します

7.急な石段参道を避けてミツバツツの間を登っていきます!
クリックすると元のサイズで表示します

8.稲荷神社を横から見ると!
クリックすると元のサイズで表示します

9.下記をクリックし動画で見て下さい!!
https://www.youtube.com/watch?v=SwkImFnfn0c

10.登り石段参道を見下ろすと!
クリックすると元のサイズで表示します

11.獅子崎稲荷神社(シイザキイナリジンジャ)に参拝する!
クリックすると元のサイズで表示します

12.此処から見下ろす宮津湾の風景
クリックすると元のサイズで表示します

13.更に稲荷神社の脇を抜けてさらに上に登って行くと「天橋立雪舟観展望所」があり、其処から見た宮津湾
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上
クリックすると元のサイズで表示します

15.雪州の描いた国宝の「天橋立図」ですよ!成相山が高くデフォルメされています。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ