2021/2/25

綾部市黒谷町の古社・熊野神を見る!  綾部の文化財

京都府綾部市黒谷町宮の谷17番地には熊野権現を祀る熊野神社(くまのじんじゃ)がある。創建年代や沿革は不明。元は別の場所にあり、寛政三年(1791)に社殿が消失。同十二年に現在の場所に移されました。大正四年に社殿、拝殿を改修。旧社格は村社。黒谷町(くろたにちょう)は国道27号線の綾部市から舞鶴市に最も近い山間部にある。今から800年前、戦いに敗れた平家の一団が人家の少ないこの山間に身を隠し、周りに自生していた植物「楮(こうぞ)」と谷間を流れる清流の水を利用して紙を作り始めた。その後、この地は黒谷(くろたに)と呼ばれるようになり、紙漉(かみすき)村として発展して来ました。ここには平家の平清盛が紀伊の国熊野詣でを盛んにしたように、古式豊かな熊野神社があり、その紅葉は隠れ郷に相応しく地元の人々のみで「黒谷紅葉祭」が行われて来た。「黒谷和紙」で有名な黒谷町の氏神です。狭い谷の集落の一番奥に鎮座し、大きな社殿と広い庭が印象的です。墾田裏手に末社が一列に並び、左から八幡神社、春日神社、金刀比羅神社、浦島神社、稲荷神社。1社おいて稲荷神社、八坂神社が祀られています。

1.熊野神社の見事な大鳥居を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.朱の大鳥居をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.社殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な巨大な自然石を利用した手水舎と手水鉢を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.左手には八坂神社が祀られています。
クリックすると元のサイズで表示します

6.社殿正面と石造り鳥居を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な浮彫りの彫刻のある石灯籠をアップで見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

8.石灯籠を内側から見ると!
クリックすると元のサイズで表示します

9.神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

10.大正12年の銘が入った石造り鳥居を内側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

11.拝殿を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

13.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

14.吽形の狛犬を後ろから見ると!
クリックすると元のサイズで表示します

15.拝殿から本殿を左側から見ると!
クリックすると元のサイズで表示します

16.本殿を覆屋から覗くと!
クリックすると元のサイズで表示します

17.本殿の撮影は難しい!
クリックすると元のサイズで表示します

18.末社を見ると!
クリックすると元のサイズで表示します

19.京都府指定無形文化財の黒谷和紙ともみじ祭!2013年秋の記事です!
https://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1876.html

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ