2021/2/20

綾部市八代町の古社・八代神社を見る!  綾部の文化財

京都府綾部市八代町(やつしろちょう)藤ケ迫22には祭神・八昆古命と安倍宗任を祀る歴史の化石のような神社である八代神社がる。黒谷は再三訪れていたが、八代町はまったく初めての訪問であった。家内の軽自動車と家内の運転んでやっと訪れることが出来たのです。
黒谷の熊野神社の横手から1キロばかり黒谷川をさかのぼったところに位置する集落、奥黒谷とも呼ばれる。周囲は山ばかりで、川沿いのわずかな平地や傾斜地に民家がある。当町には平家の落人伝説が伝わる。奥黒谷村は、江戸期〜明治22年の村名。はじめ山家藩領、寛永5年からは旗本梅迫谷氏知行地。当初は黒谷村の枝郷で、幕末に分村独立したと見られる。村内に耕地は少なく、山を越えて高槻村へ出作をしている。生業に紙漉きをし、紙運上を領主に上納した。明治元年久美浜県、同4年豊岡県を経て京都府に所属。同22年東八田 村の大字となる。奥黒谷は、明治22年〜昭和28年の大字名。はじめ東八田村、昭和25年からは綾部市の大字。同28年、市の字区域および名称変更のときに氏神八代神社の名をもって八代町と改称した。《八代の人口・世帯数》 25名で14家です。
集落に入った所に鎮座。八昆古命と安倍宗任を祀る歴史の化石のような神社である。誰も確かなことは知らないが、何か秘められた忘れられたすごすぎる過去がありそうである。宗任もすごすごすぎるが、ヤヒコもまたすごすぎ。戦後70年が過ぎても天皇陛下バンザイの皇国史観から抜け出せなく、一般に郷土史でもヤマトとの関係ばかりを言うが、何も当地一帯ばかりでないが実際は東北とも関係がありそうに思われる。丹後人が忌み嫌われる東北地方と関係がないことはなかろう。片方ばかり見るのでなく視野をもっとひろげねばなるまい。
八代神社
一 神社名 八代神社    所在地 綾部市八代町小字藤ケ迫二一番地
一 祭神  八昆古命 安倍宗任
(一) 沿革
創立年代は未詳なるも伝説によれば、康平五年(一〇六二)の頃安倍貞任の弟安倍宗任がこの地に隠棲し、本社に武神として祀ったものと伝える。
神殿、拝殴は明治四十四年の改修で拝殿は銅板葺とし、神殿は昭和二十九年に銅板葺に屋根の改修をした。
一 祭日 十月十三日
一 氏子地域戸数  八代町 三四戸
(二) 八代神社の由緒
八代神社は元八大荒神と称して、八昆古命と安倍宗任を祀ったものであるが、宝剣やその他の遺物が奉納されているところから、宗任を武人として尊敬された。
宗任は八代町で亡くなり、神として祀られたとつたえられている。
八代神社は兵役について御利益を示されると言うので他村からの参詣者が多かった。又霊験を示された例も少なくなかった。

1.黒谷町の入口です!この橋を渡って黒谷に入り、更に狭い道路は軽自動車でも難しっかった!
クリックすると元のサイズで表示します

2.八代神社(やつしろじんじゃ)の朱の鳥居と参集殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.朱の鳥居をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上 見事な扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.明治10年の銘の入った石灯籠を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.社殿と見事な手水舎を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.参集殿を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.明治12年の銘の入った見事な手水鉢です!
クリックすると元のサイズで表示します

9.社殿の左側の境内社を見る!
クリックすると元のサイズで表示します
https://img.ap.teacup.com/common/img_o/ja/icon_image.gif
10.社殿の前の石造り鳥居と拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

11.拝殿右手前の石灯籠などを見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.拝殿手前の変わった阿形の狛犬を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

13.同上 吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

14.本殿は覆屋などで視るのが難しい!
クリックすると元のサイズで表示します

15.拝殿と本殿は覆屋で覆われいるを左側から視ると!
クリックすると元のサイズで表示します

16.拝殿右側の奉納された絵画を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.本殿の見事な彫刻をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

18.本殿左側の境内社群を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

19.拝殿前から境内を見ると!
クリックすると元のサイズで表示します

20.村の入口にある浦嶋神社
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ