2020/12/1

京都府与謝町の古寺で臨済宗妙心寺派の梅林寺を見る!  文化財研修記

京都府与謝郡与謝野町字三河内207」に境内を構えている臨済宗妙心寺派で御本尊に釈迦牟尼佛を祀る臨川山梅林寺(ばいりんじ)がある。梅林寺の山門は寛政5年(1793)に建立されたもので、一間一戸、入母屋、瓦葺、二重楼門、正面に棟唐破風、上層部に高欄を廻し、細部には彫刻や組物などが施され、屋根の反りも大きく素地造りながら豪華な意匠です。江戸時代中期に建てられた楼門建築の遺構として貴重なことから与謝野町指定文化財に指定されています。寺宝である銅鐸は弥生時代後期に制作されたもので、大変貴重な事から国指定重要文化財に指定されています。1732年比丘尼城跡から2個の銅鐸が発見され、梅林寺に保管されたが、その当時は銅鐸の認識が無く、1個は梵鐘の鋳造に使われたらしい。残る1個がその後も保管され、銅鐸の認識が高まり貴重な銅鐸となっている107cmの高さを誇る日本でも有数の銅鐸で、重要文化財に指定され、京都国立博物館に委託保管されている。


1.梅林寺の見事な石垣や参道を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.梅林寺の標柱を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な与謝町指定文化財の山門を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な山門の彫刻を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上
クリックすると元のサイズで表示します

8.山門を潜ると右手にはお堂が在ります。
クリックすると元のサイズで表示します

9.本堂手前右側にはお地蔵さんが祀られています。
クリックすると元のサイズで表示します

10.更に本堂右手の見事な鐘楼を見ます。
クリックすると元のサイズで表示します

11.鐘楼と与謝町の風景を見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

12.本堂です。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ