2020/10/30

綾部市高津町の古社・荒倉神社を見る!  綾部の文化財

京都府綾部市高津町荒倉17−1には創建年は不詳だが御祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)を祀る古社:荒倉神社(あらくらじんじゃ)がある。この神社は円墳の上に建てられてをり、高津八幡宮以前の地主神とも考へられている。JR高津駅に程近い荒倉川のほとり、高津公会堂の隣りに鎮座します。本堂右に樹齢三百年以上で綾部の古木・名木100選に選ばれた幹周3.6メートル・樹高30メートルもある巨大なケヤキの木もあり、そこにいらつしやつたお年寄りの女性が子供の頃はうろで遊んだと仰つていました。かつては社と数十メートル離れた荒倉川に架かる橋との間を何度も往復しながら願掛けをする数参りといふ風習がありましたが、現在はもう行なふ人がいないそうです。

1.鳥居の無い荒倉神社の巨大なケヤキの木の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 駒札(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

3.社殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.社殿に向かって右側にある巨大なケヤキの木を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.文化四年寄進の銘のある手水鉢(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

7.左側の境内社を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.社殿を再度見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ