2020/7/30

舞鶴市の見事な鐘楼門を持つ浄土宗の古刹・浄土寺を見る!  綾部の文化財

京都府舞鶴市字新103には浄土宗で見事な鐘楼門を持つ随心山浄土寺(じょうどじ)がある。浄土寺の創建は不詳ですが、当初は随心寺と称し河辺村にありましたが、後に福来村に移り中之寺に改称、さらに丹波町と平野屋町との間に移り、尊誉上人が永禄元年(1558)に現在地に移し浄土寺として再興しています。昭和21年(1946)の火災で多く堂宇が焼失し、唯一残ったのが三誉上人の時代に建立した鐘楼門です。鐘楼門は三間一戸、入母屋、桟瓦葺(鯱付き)、上層部は吹き放し四方高欄付きで鐘撞堂になっています。山号は随心山、宗派は浄土宗でご本尊は阿弥陀如来を祀っています。

1.見事鐘楼門を右側から見る!

クリックすると元のサイズで表示します

2.浄土寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な三間一戸の鐘楼門です!
クリックすると元のサイズで表示します

4.舞鶴100選の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な鐘楼門の彫刻を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上
クリックすると元のサイズで表示します

7.鐘楼門から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ