2020/7/25

舞鶴市の朱塗りの鳥居と社殿を持つ玉岡稲荷神社を見る!  文化財研修記

京都府舞鶴市字西71番地には正一位稲荷大明神を祀る玉岡稲荷神社(たまおかいなりじんじゃ)がある。見海寺に北隣し、すぐ西には松林寺があり、北西には見樹寺がある。南東方向には笶原神社があるが、その間にも、浄土寺・妙法寺、金刀比羅神社が密集する。田辺城の西にあたることから西町と呼ばれるようになったこの地域は現在、舞鶴市街地中央部にあたる。神仏混淆時代(明治)以前には次回掲載する浄土寺の管轄で在った。宝珠と巻物を加えた神孤の像が安置されている。社頭に設けられた鈴は、見事な音色でその清々しい音色で参拝者を敬虔な気持ちにするとともに参拝者を祓い清め、神霊の発動を願うものと考えられています。【ご利益】家内安全、大漁満足・五穀豊穣。

1.玉岡稲荷神社の社号と朱塗の明神鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.朱塗りの鳥居の扁額は玉岡神社と記されています。
クリックすると元のサイズで表示します

3.朱塗りの第二、第三鳥居と1対の神狐像(宝珠と巻物を咥えています。)
クリックすると元のサイズで表示します

4.朱塗りの第二、第三の鳥居と右側のタブの巨木を見る。
クリックすると元のサイズで表示します

5.本殿とタブの巨木を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.タブの巨木を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.お堂があるが祭神は不明。
クリックすると元のサイズで表示します

8.本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿の扁額と見事な音色の鈴を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.本殿内陣を視る1

クリックすると元のサイズで表示します

11.参拝口を振り返って見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ