2020/6/30

森鴎外作山椒(山庄)太夫の屋敷跡を見る!  文化財研修記

京都府宮津市由良には森鷗外作「山椒(三庄)大夫」の屋敷跡を見る。前回の「安寿姫塚」の記事を見て頂いたかと思慮して、やっぱり山椒大夫の屋敷跡を見て頂きたく掲載します。
前回は由良川右岸の「安寿姫塚」に対して左岸にある「山椒太夫」屋敷跡は由良川河口に近い左岸にあります。国道78号線を更に宮津方面に向かい丹後由良に行くと安寿姫と厨子王の銅像があります。また、由良湊から更に

1.国道178号線沿いにある山椒大夫屋敷跡の案内板
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.由良川左岸の案内板から数十メートル歩くと山椒大夫屋敷跡碑が在ります。
クリックすると元のサイズで表示します

4.此処には「山椒大夫」駒札もあります。
クリックすると元のサイズで表示します

5.屋敷跡を見る!殆ど面影も無いです!巨大なツガの木が三本見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

6.国道178号線沿いにある安寿姫と厨子王の銅像がある地図
クリックすると元のサイズで表示します

7.安寿姫と厨子王の銅像
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.更に、旧道と178号線の合流する浜には森鴎外文学碑がある。
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

11.此の近くにある岩場は安寿姫が一日三荷の塩水を汲んだ所と言われています。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ