2020/1/25

兵庫県丹波を見る!丹波市市島町吉見庄一宮の天満神社!  文化財研修記

兵庫県丹波市市島町上田7番地には吉見庄の一之宮で天満大自在天神(菅原道真公)を祀る天満神社(てんまんじゃ)がある。延元3年(1338)に歓請された神社で、天正6年(1578)には明智光秀公の丹波攻めで兵火で焼失したが、慶長5年(1600)には吉見越中守吉家により再建された。元和6年(1620)白太夫、厳島神社を建立。享和元年(1801)北野天満宮の神輿を譲り受けている。天保10年(1839)に本殿を改修し、現在に至る。式年大祭は30年毎に行われ、次は2037年です。右に八柱神社、左に八幡神社が合祀され、境内社は白太夫神社、稲荷神社、熊野神社、愛宕神社、九頭竜神社、須賀神社、金毘羅神社、厳島神社があります。

1.一の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

3.手水舎と相撲の土俵です!10月第二日曜日の大祭に奉納相撲が催されます!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な歌碑です!(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な奉納舞台が残っています!
クリックすると元のサイズで表示します

6.社殿を正面から見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

7.右側の境内社の稲荷神社を見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

8.正面の石造り大鳥居です。
クリックすると元のサイズで表示します

9.拝殿手前にある境内社の白太夫神社(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

10.拝殿の左側の見事な御神木の大杉と伊勢神宮遙拝所
クリックすると元のサイズで表示します

11.正面拝殿と奥の本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.同上
クリックすると元のサイズで表示します

13.天満宮のつきものの牛と本殿
クリックすると元のサイズで表示します

14.見事な本殿をアップで見る!(各画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

15.本殿を左側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

16.御神木の大杉の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

17.見事な広葉杉です!
クリックすると元のサイズで表示します

18.右側から本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

19.御神木の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

20.見事な御神木のモミの木
クリックすると元のサイズで表示します


>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ