2020/1/15

兵庫県丹波を見る!新春の真言宗の古刹・清薗寺を見る!  文化財研修記

兵庫県丹波市市島町下竹田68には真言宗の古刹で鎌倉山・清薗寺(せいおんじ)がある。「清薗寺」(せいおんじ)は福知山の長安寺と同様に、用明天皇の息子であり聖徳太子の異母弟である麻呂子親王により創建されたと伝わる寺院。また戦国時代には明智光秀の丹波攻めで全焼したという歴史もある。街道沿いの総門、そして迫力のある仁王門はいずれも江戸時代初期・中期の建築で、それをくぐった場所に一つ立っている石燈籠はこの寺院で最も古い建造物で南北朝時代に造られたもので兵庫県指定文化財です。「持仏堂」の前に江戸時代後期に築庭されたと推定されている枯山水庭園があります。背後の高谷山を借景としているのが美しい。

1.清薗寺総門
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な仁王門です!此の門は寛政7年(1705)再建の建物です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

6.吽形の仁王像!
クリックすると元のサイズで表示します

7.仁王門の中央真後ろには県指定文化財の「貞和3年(1347)の銘を持ち、南北朝時代作であり、石英粗面岩で作られた八角形で、火袋には四仏の梵字や,中台側面に散蓮華彫られている。銘文は竿石に4列に刻まれ、なかに「右 志 者為天下泰平六道四生一切 普 利 貞和三丁亥九月八日
左衛門尉 平 顕信敬白」とあり、六道思想がうかがえて興味深い。
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 の中台を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.右手に薬師堂、左手に鐘楼、本堂を望む!
クリックすると元のサイズで表示します

10.見事な薬師堂です!
クリックすると元のサイズで表示します

11.堂内を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.薬師堂の駒札(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

13.丹波市市島町の指定の大杉の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

14.見事な大杉です!
クリックすると元のサイズで表示します

15.見事な鐘楼と鐘です!
クリックすると元のサイズで表示します

16.本堂方面を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.本堂への参道
クリックすると元のサイズで表示します

18.見事な山門や本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

19.山門から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

20.本堂と水琴窟のある庭園
クリックすると元のサイズで表示します

21.持仏堂前の枯山水庭園
クリックすると元のサイズで表示します

22.奉納された狸の像が印象的です!
クリックすると元のサイズで表示します

>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング <



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ