2019/11/10

京丹波を見る!福知山市の古刹・長安寺を見る!  文化財研修記

京都府福知山市奥野部577には聖徳太子の御実弟・麻呂子親王が大江山の鬼退治のおり、祈願して薬師如来像を刻みこみ此の地に奉祀したのが始まりという医王山・長安寺(ちょうあんじ)がある。現在は臨済宗南禅寺派別格地で丹波古刹霊場13番札所、西国薬師霊場第26番札所です。その後、再三の火災に架かり消失したが、福知山二代城主、杉原家次公(豊太閤の正妻寧子の方の伯父)によって再建され、飛鳥時代の名作麻呂子親王御自作薬師如来像を安置しています。この長安寺は丹波の紅葉寺として有名ですが、11月7日の撮影では紅葉はもう一つでした。

1.長安寺公園の11月7日の紅葉
クリックすると元のサイズで表示します

2.長安寺の西国33観音霊場巡り
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上の一つ
クリックすると元のサイズで表示します

4.福知山十景の一つ観音寺
クリックすると元のサイズで表示します

5.観音寺境内全景
クリックすると元のサイズで表示します

6.石段参道
クリックすると元のサイズで表示します

7.福知山指定古木の大イチョウ
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な山門と鐘楼を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

10.登り石段参道の左側の不動滝
クリックすると元のサイズで表示します

11.山門から大方丈を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.薬師三尊四十九燈の庭の駒札(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

13.駒札(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

14.見事な観音堂と仏師方眼 高村晴雲作の聖観世音菩薩が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

15.手水舎と紅葉と大方丈を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

16.大方丈(本堂で天明4年(1784)再建)本尊本尊釈迦如来と脇侍仏の文殊・普賢両菩薩を安置)。城主杉原家次の念持仏地蔵菩薩(室町時代)を安置している。
クリックすると元のサイズで表示します

17.大方丈(本堂)の見事な須弥壇
クリックすると元のサイズで表示します

18.大方丈の内部の一部
クリックすると元のサイズで表示します

19.同上
クリックすると元のサイズで表示します

20.薬師三尊四十九燈の庭の一部
クリックすると元のサイズで表示します

21.方丈横の弁財天堂と中腹にある開山堂方面を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

22.薬師堂内の前立薬師如来像(下記の駒札参照)
クリックすると元のサイズで表示します

23.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

26.もうすぐ見事な紅葉になります!
クリックすると元のサイズで表示します

>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ