2019/10/30

丹後を」見る!宮津2代目藩主京極高広の娘の香華所の経王寺!  文化財研修記

京都府宮津市金屋谷886には宮津2代目藩主京極高広の娘の了智院の香華所である日蓮宗の経王寺(きょうおうじ)がある。経王寺は日蓮宗の寺院で慶長7年(1602)に宮津藩主、京極高広の帰依を受け、日依上人により開かれました。御本尊は大曼荼羅です。現在の本堂は弘化2年(1845)に再建されたもの。本堂の中央間の天井に幕末の郷土画家、和田屏山による龍雲図が描かれています。また内陣の天井には見事な天女の飛天図があります。作者は不明です。

1.経王寺の見事な鐘楼と標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な山門です!
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な鐘楼、山門を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な鬼子母神堂です。7月の鬼子母神大祭には多くの参拝者があります。
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な本堂です!
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な本堂をアップで見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

7.本堂内の見事な欄間と和田屏山の龍雲図です!
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上
クリックすると元のサイズで表示します

9.作者不明ですが、見事な飛天図です!
クリックすると元のサイズで表示します

>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ