2019/10/15

丹後を見る!6代目中井権次橘正貞の彫刻のある仏性寺!  文化財研修記

京都府宮津市金屋谷879には浄土真宗で御本尊阿弥陀如来を祀る仏性寺(ぶっしょうじ)がある。仏性寺の開基は天正18年(1590)本願寺顕如上人より寺号を授与された。開基は小浜の天ヶ城・城主内藤伊賀の守楠重吾の五男明誓である。明誓は、細川幽斎の田邊城篭城に京都より夜をこめて立ち帰り徒党を催して共に篭城をした功労によって幽斎の妹を妻とし田邊に瑞光寺を宮津に仏性寺を建立してもらい、仏性寺住職として、開基する。

1.見事な山門です。嘉永年間(1848〜1854)に建立されたものです。
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な山門の梁の上の彫刻は6代目中井権次橘正貞の作です。
クリックすると元のサイズで表示します

4.山門の見事な木鼻です!
クリックすると元のサイズで表示します

5.門扉(見事な細川の紋所「細川九曜」が打たれています。)
クリックすると元のサイズで表示します

6.聖徳太子殿
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な彫刻のある鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な彫刻のある本堂です!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本堂の彫刻をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上
クリックすると元のサイズで表示します


>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ