2019/10/1

丹後を見る!京都府随一で日本の滝100選の一つ金引の滝!  文化財研修記

京都府宮津市滝馬には日本滝100選の一つで京都府随一の「金引の滝(かねひきのたき)があります。日本の滝100選の一つ「金引の滝」は高さ約40メートル、幅約20メートルで、一年中豊かな水量を誇る美しい滝です。水は左右に流れて落ち、右側は「男滝」、左側は「女滝」と呼ばれています。下流の「白龍」、「臥龍」の滝とともに「金引の滝」と総称され、水と緑を求める多くの人々に親しまれる憩いの場所となっています。特に夏場は、涼を求めてたくさんの方が訪れています。

1.綾部の安国寺ICから宮津・天橋立ICまで520円です。トンネルが多く海はみ難いです!
クリックすると元のサイズで表示します

2.道は曲がりくねっていますが、標識に従っていくと到着ですが、夏のシーズンは大変混むそうです。金引の滝の標柱です。
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上
クリックすると元のサイズで表示します

4.登り道はかなり厳しいですね!
クリックすると元のサイズで表示します

5.此処から見える険しい谷間です!
クリックすると元のサイズで表示します

6.途中、谷間を覗き下ろした!白竜の滝!
クリックすると元のサイズで表示します

7.途中にある臥龍滝と北向地蔵尊です。
クリックすると元のサイズで表示します

8.臥龍滝
クリックすると元のサイズで表示します

9.北向き地蔵尊など見下ろします!
クリックすると元のサイズで表示します

10.金引の滝!!京都府随一だ!!
クリックすると元のサイズで表示します

11.右側の男滝
クリックすると元のサイズで表示します

12.左側の女滝
クリックすると元のサイズで表示します



>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ