2019/9/30

兵庫県丹波を見る!天台宗中本山で丹波比叡と呼ばれる妙高山・神池寺!  文化財研修記

丹波市市島町(いちじまちょう)の東にそびえる妙高山(みょうこうさん)。その山頂近くに天台宗(てんだいしゅう)の古刹(こさつ)、神池寺(じんちじ)がある。神池寺という名前は、この伝説の舞台となった「澄まずの池」に由来する。この池が、山頂近くにありながら、どんな大雨でも日照りでも枯れることがない、という不思議な池であることから、「神の池の寺」と名付けられたという。庫裡の近くには常行堂があり、南北朝期の宝筐印塔が残されている。そこから石段をあがって、門をくぐったところが鐘楼、本堂、仙人堂などがある伽藍の中心地である。神池寺の境内へとつづく車道には、山のかなり下の方に寺域の入り口を示す標柱がある。中世までは広大な寺域の中に多数の伽藍、僧坊が建ち並び、近在の多くの子弟が入寺して繁栄した寺院であったとされていて、その面影を伝えている。しかし神池寺も、丹波のほかの多くの中世寺院と同様に、天正3〜7(1575〜79)年の明智光秀による丹波攻めの中で焼き討ちにあい、大きく勢力を削減されたという。さて、「澄まずの池」伝説を紹介した文献の多くは、鐘突きに来た小僧さんをねらって、澄まずの池から大蛇が登場したとする。また、伝説の結末もお寺では、僧侶の法力によって大蛇が竜になって昇天した、としているという。この神池寺には、「澄まずの池」の他にも、いくつかの歴史にまつわる話が伝えられている。源平のころには平重盛(たいらのしげもり)が参詣し、寺域の北谷に一字一石の法華経を埋納したとされている。その跡とされているのが、境内からやや山を降りたところにある経塚で、今は小さな祠(ほこら)に石の地蔵がまつられ、その脇に宝筐印塔がある。
また、南北朝内乱に際しては、大塔宮護良親王(おおとうのみやもりよししんのう)の命令書が届き、寺の僧兵が京都の合戦に参戦したという。神池寺僧兵の参戦は、『太平記(たいへいき)』巻8にも元弘3(1333)年の六波羅探題(ろくはらたんだい)攻めの中でのこととして記されていて、これは事実と見てよいだろう。また、護良親王が奉納したという鎧(よろい)も伝わっていた。こちらは明治維新のころ、梶井宮門跡(かじいのみやもんぜき)のもとへ貸し出した後、鎌倉に創建された護良親王をまつる鎌倉宮(かまくらぐう)の神体になった。『丹波氷上郡志』(1985年復刻、臨川書店)には、明治2(1869)年に鎧が神体になったときに、政府から神池寺に渡された書類が引用されている。

1.神池寺の駒札(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.県道571号線から参道は4キロ以上の曲がりくねっており、帰路は要注意です!
クリックすると元のサイズで表示します

3.庫裡とその前の駐車場に車を置き見学開始です!
クリックすると元のサイズで表示します

4.庫裡のすぐ上にある碑文
クリックすると元のサイズで表示します

5.案内板
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な常行堂です!
クリックすると元のサイズで表示します

7.常行堂横のお不動様
クリックすると元のサイズで表示します

8.常行堂横の肩切地蔵堂(妙高山山中に安置されていたが、平成15年6月3日此処に移築された。)
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上 肩切地蔵様の横に安置されている大黒天様
クリックすると元のサイズで表示します

10.常行堂前にある県指定文化財の宝篋印塔(平安時代のもの)
クリックすると元のサイズで表示します

11.石段参道前から常行堂を見下ろす!
クリックすると元のサイズで表示します

12.石段参道前の碑(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

13.仁王門とその上の石段参道は合計156段もある!!
クリックすると元のサイズで表示します

14.仁王門
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上
クリックすると元のサイズで表示します

16.仁王門の扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.阿形の仁王像
クリックすると元のサイズで表示します

18.鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

19.慈覚大師手彫りの不動堂
クリックすると元のサイズで表示します

20.鐘楼を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

21.本堂(本尊は千手観音様)
クリックすると元のサイズで表示します

22.本堂横の行者堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

23.本堂と行者堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ