2019/9/25

兵庫県丹波を見る!中井権次橘正貞の甥の中井橘正實の彫刻のある済納寺!  文化財研修記

兵庫県丹波市市島町上田721には中井権次橘正貞の甥、中井橘正實の彫刻がある天台宗の斉納寺(さいのうじ)がある。済納寺は創立不詳、中興開山を実海法印といい元禄2年(1593)再建された。本堂は、明治33年に和光寺を廃寺として、移築したもので、ご本尊は阿弥陀如来です。けやき造りの門の欄間の竜虎の彫りは、柏原の名工、中井権次正貞氏の甥の正實の後世にのこる傑作である。

1.済納寺の石標
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な石垣と石碑
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事山門を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.山門の中井橘正實の彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

7.山門の彫刻を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.山門から鐘楼を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.新築された本堂です!
クリックすると元のサイズで表示します

10.鐘楼と山門と庭園
クリックすると元のサイズで表示します

11.薬師堂
クリックすると元のサイズで表示します

12.見事な薬師如来坐像です!
クリックすると元のサイズで表示します

13.見事な慈眼観音立像です!
クリックすると元のサイズで表示します

>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ