2019/9/15

丹後を見る!丸田部落の菩提寺曹洞宗の宗見寺!  文化財研修記

京都府舞鶴市丸田206には阿弥陀如来を本尊として祀る曹洞宗の法輪山宗見寺(そうけんじ)がある。由良川西岸の国道178号沿いの丸田集落に建つ宗見寺は1573年に性屋需源が開山した寺で
丸田集落の菩提寺的存在である。取材に訪れた時は本堂などの改装工事中で住職様からは詳しい話は聞けなかったが、見事な百日紅(サルスベリ)の木と手入れされた野生のユリが満開で参道を飾っていた。

1.標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な百日紅(サルスベリ)の木です!
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な山門です!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な山門と庭園を右側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な庭園の一部
クリックすると元のサイズで表示します

6.工事中の本堂
クリックすると元のサイズで表示します

7.国道178号線の案内標識
クリックすると元のサイズで表示します


>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ