2019/8/5

丹後を見る!普門国師(晴屋妙葩)ゆかりの臨済宗天竜寺派の雲門寺!  文化財研修記

京都府舞鶴市余部上45には1370年南禅寺山門の建立をめぐって比叡山僧徒との争いを受けて、天龍寺住職であった春屋妙葩(普明国師)は難を逃れ阿波を経て舞鶴の余部下に庵を建立したのが雲門寺(うんもんじ)の始まりです。普明国師は夢窓国師の弟子で相国寺の実質的な開山であり、足利義満の帰依を受けている。雲門寺は一時は大いに栄え、天竜名刹の一つにも数えられた時期があった。明治時代に入り、海軍基地の整備のために現在の余部上に移転した。雲門寺(うんもんじ)京都府舞鶴市余部上45で神龍山の山号で臨済宗天龍寺派、開創は1371年、本尊:地蔵菩薩、その他
1)山門:市指定文化財 1609年(2)普明国師像(画):市指定文化財。

1.雲門寺の標柱と山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

5.本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.別な参道から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な本堂の扁額
クリックすると元のサイズで表示します

8.本堂裏山の茶室を望む!
クリックすると元のサイズで表示します

>綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ