2019/4/2

京丹波を見る!元伊勢 三社の一つ内宮・皇大神社!  文化財研修記

京都府福知知山市大江町内宮には元伊勢電承地・吉佐宮の一つであり、天照太神を祀る元伊勢内宮・皇大神社(こうたいじんじゃ)がある。現在伊勢神宮の祭神である天照大御神は、古くは宮中に祀られていた。この状態を畏怖した天皇の命で、崇神天皇6年から鎮座地を求めて各地を転々とした。垂仁天皇25年最終的に伊勢に落ち着くが、それまでの間に訪れた一時遷座地は、各地で元伊勢として語り継がれた。当社はそうした元伊勢伝承地の1つで、「但波(丹波)国乃吉佐宮」 の旧跡にあたる。そのため「元伊勢」を冠して称され、また特に皇大神宮(伊勢神宮内宮)の元宮であるとの伝承から、元伊勢皇大神宮または元伊勢内宮とも称される。市内大江地域には当社を加えて以下の元伊勢伝承の神社があり、総称して「元伊勢三社」と呼ばれている。
福知山市大江町の元伊勢三社
皇大神社
福知山市大江町内宮
皇大神宮(伊勢神宮内宮)の元宮伝承地
豊受大神社
福知山市大江町天田内
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)の元宮伝承地 (前回掲載済)
天岩戸神社 (次回掲載予定)
福知山市大江町佛性寺
皇大神社奥宮
なお、吉佐宮の伝承を有する神社には、当社の他にも真名井神社(宮津市の籠神社摂社)、但馬の笶原神社、竹野神社がある。
『倭姫命世記』に、崇神天皇39年、天照太神を奉じた豊鋤入姫命が鎮座地を求めて但波(丹波)国へ遷幸し、吉佐宮を築いて4年間奉斎したと記すが[2]、社伝によれば、当神社はその旧跡であり、天照大神が吉佐宮から遷座した後もその神徳を慕った人々が引き続き伊勢神宮内宮の元の宮として崇敬してきたといい、元明天皇朝(707 - 15年)に社殿を建立したという。また、それとは別に、用明天皇の皇子麻呂子親王が当地の兇賊を成敗するに際して勧請したものであるとの異伝もある(宝暦11年(1761年)の『丹後州宮津府志』『天橋記』)。
近世以前の沿革は不明であるが、江戸時代には4石3斗4合の社領を有し(天和元年(1681年)の『宮津領村高帳』)、明暦2年(1656年)に宮津藩主京極高国が社殿を造営し(社蔵棟札)、元禄14年(1701年)に同奥平昌成も修造してから歴代宮津藩主もこれに倣ったといい]、また60年に1度の式年遷宮も行われていた。 昭和5年(1930年)府社に列し、戦後は神社本庁に参加している。本殿を囲む形でコの字形に末社83社が鎮座している。(ウイキぺデアから抜粋掲載)

1.元伊勢内宮・皇大神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.神社への参拝口
クリックすると元のサイズで表示します

3.大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

4.鬱蒼たる森の参拝道
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上
クリックすると元のサイズで表示します

6.麿子親王(聖徳太子の弟)の巨大な手植えの杉
クリックすると元のサイズで表示します

7.摂社の一つの駒札
クリックすると元のサイズで表示します

8.摂社の御門神社
クリックすると元のサイズで表示します

9.カネのなる石(石をこの岩に投げるとカーンと良い音がする。)
クリックすると元のサイズで表示します

10.見事な手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

11.駒札(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

12.黒木の鳥居(京都嵯峨野の野宮神社も黒木の鳥居です。)
クリックすると元のサイズで表示します

13.]本殿(桁行3間梁間2.間の神明造茅葺。内削ぎの千木を持ち、棟に鰹木を置いている。
摂社(脇宮)本殿の両脇に鎮座。栲機千々姫社 - 本殿左。祭神:栲幡千々姫命、天手力雄命社 - 本殿右。祭神:天手力雄命、末社も多く計83社もああります。
クリックすると元のサイズで表示します

14.本殿内陣
クリックすると元のサイズで表示します

15.拝殿と後部の本殿を左側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

16.本殿左側の御神木の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

17.巨大な御神木です!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ