2019/3/24

京丹波を見る!日本の鬼にの交流博物館!  文化財研修記

日本の鬼の交流博物館(にほんのおにのこうりゅうはくぶつかん)は、京都府福知山市(旧加佐郡大江町)の大江山麓にある鬼伝説をテーマとする博物館です。大江山には3の鬼伝説が残されている。この伝説を"町おこし"の起爆剤として活用すべく、廃坑となった銅鉱山の跡地に平成5年(1993)4月に開館した。
外観は鬼の力強さや挑戦的なイメージを表現したRC造平屋建ての建造物で、建築面積は639.81平米。内部は200人収容の「鬼の交流ホール」を中心とした回廊に展示スペースが設けられている。展示は4つのスペースに分けられる。
「鬼とは何者かをさぐる」
全国あるいは世界中の伝統芸能やそこで用いられる面、人形あるいは屏風画などを展示。「祀られる鬼」「仏と鬼」「神楽の鬼」「暮らしの中の鬼」「追われる鬼」「民俗芸能の鬼」など鬼の多面性について紹介する。
「大江山の3つの鬼伝説紹介」
大江山に伝わる鬼退治伝説の絵巻物などを展示。(大江山および酒呑童子の項参照)
「日本における鬼瓦の推移を見る」
飛鳥時代から現代までの銘の入った鬼瓦を時代別に実物、レプリカを含め約50個ほど展示紹介。
「チビッ子おに」
子どもの玩具としての鬼の面や絵本、紙芝居など。図書コーナー、ビデオコーナーも備えている。
博物館の前庭にある大鬼瓦は、日本鬼師の会製作による、高さ5m、重量10tの日本一の大鬼瓦である。ウイキぺデアより抜粋。

1.大江山の日本の鬼の交流博物館手前の案内板
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上
クリックすると元のサイズで表示します

3.位置図
クリックすると元のサイズで表示します

4.博物館の前庭の日本鬼師会制作による高さ5メートル、重量10トンの日本一の大鬼瓦
クリックすると元のサイズで表示します

5.日本の鬼の交流博物館入口
クリックすると元のサイズで表示します

6.レプリカ展示場
クリックすると元のサイズで表示します

7.鬼の交流ホール
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上
クリックすると元のサイズで表示します

9.展示の案内(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上
クリックすると元のサイズで表示します

11.本日の特別展示(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

12.同上
クリックすると元のサイズで表示します

13.同上
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ