2019/3/1

京丹波を見る!福知山城の城門を山門とする正眼寺!  文化財研修記

京都府福知山市寺3番地には曹洞宗の古刹で本尊・地蔵菩薩を祀り福知山城の城門を山門とする正眼寺がある。正眼寺の創建は大宝元年(701)、洪範上人(大阪四天王寺の住職)が一宇を設け全国に流行った疫病の病魔退散と病気平癒を祈願したのが始まりと伝えられています。その後も庚申堂として信仰されてきましたが、戦国時代、明智光秀が福知山城を築き城下町を整備した際、現在地に移されました。慶長18年(1613)、久昌寺3世が寺院として整備し寺号を正眼寺と改称しています。山門は福知山城の城門の1つで金具が銅製のことから銅門とも呼ばれている高麗門形式の門です。当初は福知山城の二の丸登城口にあった銅門番所に付随されていた門でしたが明治31年(1898)に移築されました。山門に掲げられている額は福知山城の南居間本床上の天床を利用したもので書は永平寺(福井県永平寺町)六十七世勅特賜円證明修禅師。正眼寺山門は福知山市指定文化財に指定されています。

1.正眼寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.元福知山城の城門の一つであり、銅門と呼ばれていた見事pな城門を山門としています。
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.山門の扁額は福知山城の南居間本床上の天井にあった永平寺67世勅賜円證明修禅師の物です!
クリックすると元のサイズで表示します

5.山門を内側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.山陰最古の庚申堂の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

7.山陰最古の庚申堂
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

9.本堂
クリックすると元のサイズで表示します

10.本堂の見事な須弥壇
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ