2019/1/20

京を見る!本門法華宗大本山・妙蓮寺!  文化財研修記

京都市上京区寺之内通大宮東入妙蓮寺前町875には 大本山妙蓮寺がある。、宗祖日蓮大聖人より帝都弘通宗義天奏の遺命を受けた日像聖人によって、 永仁2年(1294)に創建された。
日像聖人が遺命を果たすため鎌倉より京都へ上られた時、 五条西洞院の柳酒屋は深く聖人に帰依し、未亡人は邸内に一宇を建立して聖人を請じ、卯木山妙法蓮華寺と称した。これが妙蓮寺の縁起である。(柳の字を二つに分けて卯木山という。)その後、たびたびの法難にあったが、応永年間(1420年頃)本勝迹劣、本迹一致の論争を 契機に妙顕寺を退室した日慶聖人によって柳屋の地に本門八品門流として再興された。その後、寺域を堀川四条に移し、皇室ならびに伏見宮家と関係深い日応僧正を迎えるにおよび、 皇族始め足利将軍義尚等の参詣多く、また今出川家の公達日忠聖人は、三井寺より改宗して 当寺に投じて学室道輪寺を創立し、本化教学の道場を開く。ここにおいて当寺の法運は隆昌 を極め、山門の様式も格式高いものとなった。天文5年(1536)には、法華宗の隆昌を妬む比叡山天台宗を筆頭に諸宗の僧俗10万人に よって襲撃され、妙蓮寺をはじめとする日蓮聖人門下21本山は、ことごとく灰燼に帰し堺 に立ち退いた。天文11年(1542)大宮西北小路に復興され、天正15年(1587)には、豊臣秀吉の聚楽 第造営に際して現在地に移転した。当寺は、1kuの境内に塔頭27ヶ院を有する大寺院で あったが、天明8年(1788)の大火によって、そのほとんどが焼失し、わずかに宝蔵・鐘楼 を残すのみとなった。
寛政元年より漸次復興して、現在に至り、塔頭8ヶ院を残すのみです。

1.妙蓮寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な山門をアップで見ます
クリックすると元のサイズで表示します

3.鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な本堂と御会式桜が手前にあります。
クリックすると元のサイズで表示します

5.伽藍配置図
クリックすると元のサイズで表示します

6.御会式桜の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な鐘楼を本堂側から見ます。
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な本堂です!
クリックすると元のサイズで表示します

9.妙蓮寺椿
クリックすると元のサイズで表示します

10.庫裡入口
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ