2018/12/20

京を見る!京都国立博物館で見事な「京の刀展」を見る!  文化財研修記

京都国立博物館は明治30年(1897)に「帝国京都博物館」として開館しました。平成26年(2014)に開館した平成知新館では、館蔵品・寄託品をあわせ、約1万3千件の収蔵品の中から選ばれた作品が展示されており、京文化の神髄がお楽しみいただけます。作品保護のため1か月〜1か月半ごとに展示替えが行われており、足を運ぶたびに新しい作品との出会いがあります。



1.京都国立博物館(本館・表門・札売場・袖塀は国重文です!)
クリックすると元のサイズで表示します


2.京のかたな展(特別展示)入館料1,500円(物凄い人気で若い女性が多かった!)
クリックすると元のサイズで表示します

3.国重文の本館
クリックすると元のサイズで表示します

4.本館内部は補強工事で閉館中で「特別展」の一部を展示で撮影は可能だった!
クリックすると元のサイズで表示します


5.同上
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上
クリックすると元のサイズで表示します

7.京都国立博物館本館から西門方面を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


8.出展目録国宝・国重文の日本中の刀です!(画像をクリックすると拡大して読めます。
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上4−2
クリックすると元のサイズで表示します


10.同上4−3
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ