2018/11/10

京丹波を見る!福知山市指定の名木・2本の大杉とムクノキを持つ大歳神社!  文化財研修記

京都府福知山市榎原205−4には福知山市指定名木の大杉2本とムクノキの巨木のある大歳神社(おおとしじんじゃ)がある。創建は不明だが丹波地方に良くある大歳之神(おおとしのかみ)を祀っている。本殿の見事な彫刻から柏原の名彫刻師の中井権次一統の彫刻を思い出させるがシンボルの龍の彫刻が無かった。残念!

1.大歳神社の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.鳥居の右側には福知山の名木のムクノキがある。
クリックすると元のサイズで表示します


3.幹周4.9メートル、高さ32メートルもある。
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝殿と右側の大杉は幹周5.8メートル樹高は60メートル、左の大杉は幹周4.83メートル樹高は42メートルもある。両木とも推定樹齢は600年です。
クリックすると元のサイズで表示します


5.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します


6.巨大な石灯籠と大杉
クリックすると元のサイズで表示します


7.拝殿をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します


8.拝殿後部から本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します


10.本殿の象鼻の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します


11.本殿前から参道・鳥居を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ