2018/11/5

京丹波を見る!建御雷之神を祀る古社・鹿島神社!  文化財研修記

京都府福知山市和久寺507には建御雷之神(たけいかずちのかみ)を祀る古社の鹿島神社(かしまじんじゃ)がある。創建年は不詳であるがこの地は和久寺遺跡の在るところであり、日本神話で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が火神を切り殺したとき、剣に付着した血から化生(けしょう)した神であり、経津主神(ふつぬしのかみ)とともに、葦原の中つ国に派遣され、国譲りの交渉に成功。また、神武東征においても、天皇の危難を救った鹿島神宮の祭神でもあります。


1.10月14日(日)幟の掲げられた鹿島神社
クリックすると元のサイズで表示します


2.鳥居と境内
クリックすると元のサイズで表示します


3.和久寺遺跡の駒札
クリックすると元のサイズで表示します


4.拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.膝に子狛犬を抱く珍しい阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します


6.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.本殿は拝殿の覆屋の中にある!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿の内陣の脇の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ