2018/10/31

京丹波を見る!福知山市の名刹で萩の寺として知られる養泉寺!  文化財研修記

京都府福知山市中375には萩の寺として有名な名刹・養泉寺(ようせんじ)がある。養泉寺は福知山市の北東部、鬼ヶ城山麓にあり、暦応2年(1339)に弧峯覚明(特賜三光国師)の四筵開場の最初道場で、臨済宗南禅寺派の寺院である。絹本着色光明本尊像の福知山市指定文化財もあり、初秋には庭園一面に植えられた萩の花が非常に美しく、「萩の寺」として広く知られている。また、養泉寺には観音堂があるが、この観音堂は中村の山中に大仙寺(真言宗)という七堂伽藍を有する寺であったが、室町時代に廃寺となりこの観音堂のみが残り、元禄4年(1691)に領主の下地により養泉寺に移建されたものである。現在の御堂は嘉永元年(1847)に修築されたもので、本尊は唐草模様透彫の後背の十一面観世音菩薩(木造)である。堂内の格天井は、福知山城舞殿にあったものと伝えられ、81枚の板には百花百鳥が色鮮やかに描かれている。

1.養泉寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します


2.養泉寺全景
クリックすると元のサイズで表示します


3.六地蔵様
クリックすると元のサイズで表示します


4.山門前の標柱
クリックすると元のサイズで表示します


5.駒札
クリックすると元のサイズで表示します


6.見事な山門を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

7.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.山門横の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な本堂と萩
クリックすると元のサイズで表示します

10.本堂右横の鐘楼と観音堂が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

11.本堂横の見事な禅庭
クリックすると元のサイズで表示します


12.観音堂
クリックすると元のサイズで表示します


13.観音堂の見事な彫刻(柏原の名彫刻師の中井権次一党の龍の彫刻と思われます!)
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上
クリックすると元のサイズで表示します

15.見事な裏庭
クリックすると元のサイズで表示します

http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1699.html
綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ