2018/10/11

京丹波を見る!見事な府指定文化財の本殿や名彫刻師・中井権次一統の彫刻のある八津合八幡宮!  綾部の文化財

綾部市(何鹿郡いかるがぐん)八合町西屋64には、京都府指定文化財の「八津合八幡宮」がある。本殿は、文化12年(1815)江戸時代時の城主・藤掛(ふじかけ)永恵が再建した。一間社としは規模が大きく、特に丹波・丹後に多くの建築彫刻を残す、第5代中井丈五郎橘正忠と第6代目中井権次橘正忠貞(この6代目から権次を名乗り、現在その子孫は宮津氏在住です。)作の龍の彫刻ある。本家は徳川家康公召し抱えの京都大工頭の中井正清氏で江戸城、駿府城、名古屋城、二条城、仏閣では日光東照宮、久能山東照宮、知恩院、増上寺などを手掛け、そのお墓は京都市の長香寺に大名をもうわまる巨大なお墓がある。その一族が柏原八幡宮の再建を切っ掛けに柏原に在住したと云う。その「丹波の名彫刻師」として江戸時代の中頃から昭和初期にかけて、丹波、但馬、丹後、播磨などの寺社仏閣に龍や霊獣の等の数々の彫り物の作品を残した。

1.京都府決定文化財平成3年4月19日「八幡宮文化財環境保全地区」
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な京都府指定文化財の両部鳥居
クリックすると元のサイズで表示します


3.綾部の文化財を守る会作成の駒札
クリックすると元のサイズで表示します


4.大鳥居から拝殿方面を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します


6.二の両部鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


8.二の鳥居前の阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

9.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

10.巨大な石灯籠
クリックすると元のサイズで表示します


11.拝殿内陣
クリックすると元のサイズで表示します

12.拝殿後部と本殿を右側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

13.見事な本殿虹梁の中井一統の彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

14.木鼻の霊獣です!
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上
クリックすると元のサイズで表示します

16.拝殿後部と本殿
クリックすると元のサイズで表示します

17.秋祭りの記事は下記をクリックして見て下さい!
https://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/2379.html


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング <




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ