2018/10/3

京丹波を見る!綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」山家地区の東山町にある浄土宗の天然寺!  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」山家地区の東山町吹越34−3には阿弥陀如来をご本尊とする浄土宗総本山知恩院派の雲向山・天然寺がある。「山家史誌」によると、本尊阿弥陀如来(長さ一尺七寸坐高三尺四寸)観音、勢至両立し、三尊は安阿弥の作といわれている。地蔵菩薩、十二神は享和二年(1802)春四国浄蓮が再興し、七月二十四日に開眼した。閻魔王は谷道立が再興。寛弘年中(1004〜12)京都比叡山横川恵信僧都、諸国行脚のときに当山に庵室を建て、自ら薬師如来の尊像数体を造って「薬師院」と称した。寛永(1623〜44)の初め頃、二代藩主谷衡政公、浄土宗の僧乗蓮真誉上人に帰依し一寺を建立して雲向山天然寺といった。そして真誉を開基とした。祠堂の田畑高七石を与えた。本堂五間半に四間半、庫裡三間に五間、門行三間横二間、鐘楼一間半四方、薬師堂三間に、地蔵堂は一間半四方子安地蔵と名づけ小野篁の作といわれている。明治十三年六月町の大火により焼失したが、余じんに胎蔵と錫杖を発見し収納した。同年再建した。と記されています。

1.天然寺表示
クリックすると元のサイズで表示します


2.登り参道
クリックすると元のサイズで表示します


3.登り参道脇の六地蔵様
クリックすると元のサイズで表示します


4.本堂への参道
クリックすると元のサイズで表示します


5.本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


6.本堂の扁額を見る!
クリックすると元のサイズで表示します


7.本堂前から見る東山町の光景
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ