2018/10/1

京丹波を見る!綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」山家地区の橋上町にるある丸山神社!  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」山家地区の橋上町(はしがみちょう)丸山17には大房天王(おおふさてんのう)と斎神(いつきのかみ)を祀る丸山神社(まるやまじんじゃ)がある。創建等の由緒は不明。旧社格は村社。大房天王および斎神を祀り、明治以降は両社を「大房神社」「斎神社」と称したが、大正7年(1918)に合祀して現在の社名に改称したということです。大房天王と斎神についての詳細は不明です。低山の頂に開けた台地状の境内に本殿と境内社2社が祀られています。手水鉢には明和6年(1769)の銘が刻まれている。

1.丸山神社の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します


2.大鳥居をアップで見ます。
クリックすると元のサイズで表示します

3.登り石段参道
クリックすると元のサイズで表示します


4.境内社の一つ
クリックすると元のサイズで表示します


5.覆屋とその中の本殿
クリックすると元のサイズで表示します


6.阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

7.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

8.覆屋の中の本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.駒札
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ