2018/1/20

京丹波を見る!32.形原松平家の奥方の菩提寺の円通寺!  文化財研修記

京都府亀岡市紺屋町には曹洞宗で亀山城主の奥方の菩提寺の葉屋山・円通寺(えんつうじ)がある。江戸時代の寛延元年(1748)から幕末まで、丹波亀山藩(現京都府亀岡市)は、八代に渡って形原松平家(かたはらまつだいらけ)が継承しましたが、今回はこの形原松平家ゆかりの寺院です。形原松平家(かたはらまつだいらけ)は、室町時代の三河の豪族、松平信光(後に徳川家康を登場させる松平宗家の第3代とされます)の4男・松平与副を祖とする松平氏の庶流で、当初、三河国宝飯郡形原(愛知県蒲郡市形原)を領したことから形原松平家と呼ばれます。4代家広、5代家忠の時代に、宗家の徳川家康に仕えて功をあげ、その子の6代家信は、元和4年(1618)に、形原藩1万石の大名となり、その後、摂津国高槻藩2万石、下総国佐倉藩4万石へと移封しました。その後、佐倉藩を継承した7代の康信が、摂津国高槻藩を経て、慶安2年(1649)に、丹波篠山藩5万石の藩主となりました。その後、典信、信利、信庸(信利弟)を経て、信岑(丹波篠山藩形原松平家五代)が、享保の大飢饉で苦しむ領民に重税を課すという失政を行って、寛延元年(1748)に丹波亀山藩5万1千石に移封されます。以降、幕末まで丹波亀山は形原松平家が八代に渡って領有しました。形原松平家藩主の菩提寺としては、亀山城跡の東にある光忠寺(京都府亀岡市古世町北古世町)が有名で、6代家信以降の歴代藩主の墓がありますが、今回採り上げた円通寺は、亀山城跡の西に位置し、藩主の奥方の菩提寺になります。大永2年(1523)、勅諡法輝円明(ちょくしほうきえん)禅師、白洲巌龍(しらすがんりゅう)大和尚を開山として招請し、形原松平家の奥方の菩提寺として創建されました。(開基については、藩主の正室側室等々諸説あるようです。)創建当時は、まだ形原松平家は三河国(愛知県西部)の小豪族に過ぎませんでしたが、その後、徳川家康に使えて松平家が大名になると、藩主の菩提寺である光忠寺と共に、松平氏の国替えに伴って、三河国形原、摂津国高槻、下総国佐倉、摂津国高槻、丹波篠山、丹波亀山へと再三移転を繰り返しました。寛延元年(1748)の丹波篠山からこの丹波亀山(亀岡市)への移転の際は、当初は本町の寿仙院(円通寺の東)のある場所に移されましたが、寛政元年(1789)に、穴太道の要衝である亀山城の西の現在地に移りました。

1.見事な山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.山門から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

5.もう一度見事な土塀から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ