2017/10/31

京丹波を見る!5.丹波七福神の一つ毘沙門天を祀る神応寺!  文化財研修記

京都府亀岡市千歳町山麓には丹波七福神の一つ毘沙門天を祀る曹洞宗瑞雲寺・神応寺(じんのうじ)がある。神応寺の開創については、江戸時代末期の火災による資料類焼失により不詳であるが、神応寺の伝承によると、京都府八幡市にある神応寺の別院として建立されたのではないかと言われている。本堂裏手には300体以上の石仏が安置された庭園があり、8月23日には万灯会が行われ1万本のロウソクが灯る様は誠に見事です。

1.神応寺の山麓の「和らぎの道」案内図
クリックすると元のサイズで表示します

2.此処から徒歩で神応寺に向かいます。途中の銅像も楽しめますね!
クリックすると元のサイズで表示します

3.神応寺の標柱と山門
クリックすると元のサイズで表示します

4.本堂
クリックすると元のサイズで表示します

5.本堂横にある毘沙門堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.毘沙門天像は残念ながら撮影不可能でした!
クリックすると元のサイズで表示します

7.仏様をお祀りしているお堂
クリックすると元のサイズで表示します

8.300体以上の石仏をお祀りしている本堂裏手の庭園
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上
クリックすると元のサイズで表示します

10.8月23日の夜の1万本のローソクは見事ですね!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ