2017/10/29

京丹波を見る!4.足利高氏公倒幕挙兵地の篠村八幡宮!  文化財研修記

京都府亀岡市篠町八幡には足利高氏公の倒幕挙兵地である篠村八幡宮(しのむらはちまんぐう)がある。ご主祭神は勿論、誉田別命 (ほんだわけのみこと、応神天皇)、合祀神は仲哀天皇、神功皇后様である。社伝や本殿の棟札によれば、延久3年(1071)に勅宣によって源頼義が誉田八幡宮(大阪府羽曳野市)から勧請し創建したとされる。延久4年(1072)5月113日付の頼義の社領寄進状も現存する。篠村の荘園は藤原氏によって開かれたものであったが、いつの頃からか源氏が相伝することになり、その荘園に勧請されたものとされる。当地は足利高氏(尊氏)が鎌倉幕府打倒の挙兵をした地として知られ、亀岡市指定史跡にも指定されている。高氏は元弘3年(1333)4月29日に篠村八幡宮に戦勝祈願の願文を奉じ10日間滞在したのち、六波羅探題を滅ぼして建武中興の礎を築いた。また後醍醐天皇と決別したのち、建武3年(1336)1月30日に京都攻防戦で敗れたため、2月1日まで篠村八幡宮で敗残の味方の兵を集めるとともに社領を寄進して再起祈願を行なっている。そして尊氏は九州へ逃れ、体勢を立て直すと京都に戻り室町幕府を開くこととなる。以上の篠村八幡宮への祈願の様子は、『梅松論』『太平記』『難太平記』に記されている。現在も高氏(尊氏)旗揚げの願文(京都府指定文化財)や御判御教書(寄進状)が伝わるほか、境内には矢塚や旗立楊が残されている。尊氏にとっては2度の岐路で篠村八幡宮により大願が成就したことから、貞和5年(1349)8月10日に尊氏自身が当社にお礼参りをしたほか、歴代足利将軍からも多くの社領を寄進され、盛時にはその社域は篠の東西両村に渡ったという。この頃、別当職は醍醐寺三宝院門跡が務めていた。しかし、のちの応仁の乱や明智光秀の丹波侵攻によって社伝・社域の多くを失ったという。
江戸時代に入り、寛永年間(1624-1643)、亀山城主・菅沼定芳によって本殿が改修され、以後亀山城主の直轄神社として庇護された。本殿は一間社流造。境内には、高氏挙兵にまつわる「矢塚」が残る。『太平記』によれば高氏は篠村八幡宮に願文とともに一本の鏑矢を供えたといい、多くの武将もそれに続けて供え、矢がうず高く積み上げられたという。矢塚は、これらの矢を埋納した場所とされ、塚上には椎の木が植えられている(現在は2代目)。
境内北方には、「旗立楊(はたたてやなぎ)」として、挙兵した高氏が味方武将に所在を知らせるため、4月27日から5月7日までの間「二引両」の家紋入りの旗を掲げたという楊(やなぎ。柳とは樹種が異なる)が立っている。この楊は『梅松論』にも記載がある。現在の木は昭和初期に挿し木したもので、高氏の時代より6・7代を経て引き継がれてきたものになる。

1.篠村八幡宮標柱と鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な参道
クリックすると元のサイズで表示します

3.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

4.境内社の一つ
クリックすると元のサイズで表示します

5.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.境内にある相撲の土俵!
クリックすると元のサイズで表示します

7.境内図
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な本殿
クリックすると元のサイズで表示します

10.境内社の一つ
クリックすると元のサイズで表示します

11.矢塚への道
クリックすると元のサイズで表示します

12.矢塚
クリックすると元のサイズで表示します

13.摂社の乾疫神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

14.摂社・乾疫神社
クリックすると元のサイズで表示します

15.「旗立楊(はたたてやなぎ)」駒札
クリックすると元のサイズで表示します

16.旗立楊
クリックすると元のサイズで表示します

17.足利尊氏公生誕の地、綾部安国寺は下記をクリックして見て下さい!
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1519.html


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ