2007/1/27

眞福寺の脳天大神大祭  綾部の文化財

京都府綾部市(もと何鹿郡いかるがぐん)向田町(むこだちょう)の曹洞宗の眞福寺があり、1月27日(土)午前10時45分住職・寺総代の萬國英霊塔参拝から「脳天大神大祭」が始まった。この脳天大神は奈良の吉野山の国宝・蔵王堂の向かって左下にある「脳天神社(のうてんじんじゃ)・龍王院」からの分霊が、同寺に安置されたもので、蔵王権現の変化身として、首から上のあらゆる難病・苦痛(ノイローゼ脳卒中他)を救い賜る神様です。進学祈願、除災難招福、交通安全、諸願成就にも良い諭旨である。御真言は
「オンソラ、ソバ、テイ、エイ、ソワカ」である。

眞福寺正面
クリックすると元のサイズで表示します

多数の参拝者
クリックすると元のサイズで表示します

萬國英霊塔に参拝する住職・寺総代
クリックすると元のサイズで表示します

脳天大神大祭の始まり
クリックすると元のサイズで表示します

脳天大神大祭(般若心経)
クリックすると元のサイズで表示します

護摩壇の火入れ
クリックすると元のサイズで表示します

護摩壇へ護摩木を焼納
クリックすると元のサイズで表示します

吉野山・国宝蔵王堂については下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/kensyu/yosino2/yosino.html
http://www.ayabun.net/kensyu/yosino/yosino.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ