2017/6/19

京を見る!29.女人守護で有名な市比賣神社!  文化財研修記

京都市下京区河原町通6条上ル本塩竈町には女人守護で有名な市比賣神社(いちひめじんじゃ)がある。ご祭神は多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)、市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)、多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)、神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)、下光比賣命(したてるひめのみこと)の5女神です。古事記「天の眞名井宇気比の段」御祭神出生の霊明なる誓約の件により、女人守護、市場の交易、商売繁昌を神勅とし、平安時代から皇室、公家万民の崇敬篤く、御神徳を奉賽したことは史記に多々散見する。当社のご創建は、桓武天皇の御代延暦14年(795)に、京都の左右両市場の守護神として、当時の左大臣藤原冬嗣公が両市社領内の堀川の西、七条の北(現在の西本願寺)に坊弐町をかこい、勅を奉じて勧請された社と伝わる。天正19年(1591)豊臣秀吉の命により、現在の地に移転鎮座されました。

1.工事中の市比賣神社
クリックすると元のサイズで表示します

2.石造りの鳥居と拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

3.拝殿内陣を覗く!
クリックすると元のサイズで表示します

4.摂社の稲荷神社
クリックすると元のサイズで表示します

5.願掛け絵馬
クリックすると元のサイズで表示します

6.摂社の植松稲荷神社
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

7.市比売神社(ひいな祭り)官女の舞を見たい方は下記をクリックして「動画」で見て下さい!
https://youtu.be/L2xrkRuIdvU



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ